5,000円からできる株式投資の始め方

株と聞くと、「危なそう」、「知識がないとできない」、「まとまったお金がいるんでしょ」など、手を出しにくいイメージを持っている人も多いと思います(私もそうでした)。

一方で、近年有名になった株主優待で生活する桐谷さんや株で儲けたという芸能人の話を耳にすると、やってみたいという気持ちも出てくるのではないでしょうか。

実際、始め方は簡単。手を動かして、実際に株を買ってみたり売ってみたりすると、何を学べばいいのか・どうやって儲けることができるのかもイメージできてくると思います。株主優待が届くと、企業を応援している実感も湧いて楽しくなってきますよ。

今回は1万円からできる株式投資ということで、株式投資の始め方をまとめていきますので、ぜひ参考にして実践してみてください。

株を買うまでの流れ

株の買い方は意外と簡単。

  1. 証券口座を開設する
  2. 入金する
  3. 株を選んで買う

銀行や証券会社に出向いて口座を開設してもらうこともできますが、平日はなかなか時間が取れないですし、あまりよくわかっていない場合は、銀行員にあれこれ聞かれるのも緊張すると思いますので、ネット証券口座がおすすめです。少額からの投資も可能ですので、こちらを使っていきましょう。

ネット証券口座を開設してみる

ネット証券口座は、気軽に口座開設できて手数料が安いことから利用者が増え、たくさんの口座の種類があります。

ネット証券大手5社と呼ばれるのは、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、カブドットコム証券

手数料や取り扱っている商品数など異なる点はありますが、いずれも口座開設手数料は無料なので、初めての開設であればまずは資料を取り寄せてみてください。

私はSBI証券を使っています。使える機能や取り扱いの商品数の豊富さに定評があったので開設してみましたが、アプリも使いやすいですし、おすすめです。

手順を開設ーSBI証券

SBI証券のサイトから口座開設の申請ができます。
最近は、本人確認書類の提出をWEB上の画像アップロードでできるので便利ですね。

↓口座開設に進んでいきます。

特定口座については、給与所得があって自分で確定申告していない人は「開設する」を選ベば大丈夫です。会社員の場合はほとんどこちらですね。

NISAについては、開設しておいて損はありませんので持っていない場合には開設を申し込んでおきましょう。申し込んでも必ず使わないといけないということではありません。

住信SBIネット銀行口座開設はオススメします。ネット銀行口座として、入金した資金を預かっておく機能を担います。SBI証券に限らず、証券口座と同じ会社のネット銀行口座があると振込手数料などがお得なので、開設してみてください。

申請をしてから1週間ほどで口座開設完了のお知らせが郵送で届きます。ID・パスワードが入っているので、ログインしてまず入金してみましょう。まずは5,000円で大丈夫です。

5,000円から投資できる株

いきなり大きな金額を投資するのはハードルが高いと思いますし、もし損をすると「やっぱり株なんてやらない」という気持ちになってしまうと思います。
そのため、初めのうちは儲けることよりも株に慣れることを目的に、少額で投資できる株を買ってみましょう。

5,000円で買える株をご紹介します。(最低投資金額は2017円1月7日時点)

3201 ニッケ(日本毛織)   最低投資金額 1,108円
大阪の繊維会社。株主優待では自社商品の割引もあります。

6617 (株)東光高岳 最低投資金額  1,876円
エネルギー関連事業の企業。株主優待では水素水生成器の交換カートリッジフィルターの購入割引券がもらえます。

4792 山田コンサルティンググループ(株) 最低投資金額 2,687円
国内の大手コンサルティング会社。堅調に株価が上昇しています。

7638 (株)NEW ART 最低投資金額  3,200円
ジュエリーやエステ関連事業。株価32円なので、大幅な株価の変動の可能性が低いのが初心者には安心。

3250  (株)エー・ディー・ワークス 最低投資金額  4,200円
不動産販売企業。こちらも株価42円と安定株。配当利回りが3.9%と高めなのでオススメです。

まずは儲けるよりも、株に慣れる

やってみないとわからないことばかりだと思いますので、まずは一つの証券口座を選んで申し込んでみてください。
口座開設ができたら、実際に買ってみましょう。株の買い方はまた別のところでご紹介したいと思います。

株式投資は、自分の資産を増やす投資ですが、同時にその企業の成長を応援することでもあります。どんな企業があるのか、どのように株価が動くのかなどをチェックしながら、楽しんでいきましょう。